給与計算から明細発行、給与振込まで代行します

給与計算の流れ

1.タイムカードや出勤簿を集計し、勤怠情報をお送りください
※タイムカードの集計からアウトソーシング可能です(オプション)

2.弊社システムに勤怠情報を入力

3.計算した給与情報をご確認いただきます

4.給与明細を発行し送付いたします

5.従業員への給与振込を代行します(オプション)

毎月の給与計算の他、賞与の計算、年末調整にも対応しております。
また、賃金台帳など法定帳簿も作成いたします。

給与計算の代行費用はこちらのページをご確認ください

 

アウトソーシングのメリット

1.担当者が退職したときのリスク回避
※属人的になってしまうと、担当者の退職や休業時にリスクが生じます。

2.給与情報の漏洩防止
※給与計算は社長や役員も必要になります。アウトソーシングすることで、社員間の給与情報漏洩を防止できます。

3.コスト削減と法改正対応
※給与計算ソフトは毎年更新する必要があります。また、自社で法改正情報を収集し、対応しなければなりません。

 

給与計算が意外と大変

給与計算って意外と時間と労力がかかってしまいますよね。

社会保険料、住民税、源泉徴収税、残業代、休日出勤、有給休暇・・・
事あるごとに、調べごとをして多くの時間を使っていませんか。

本来、しなければならない業務があるのに、手を取られてしまっていませんか。

給与計算業務に時間を使ってしまうよりも、本来の業務に時間を使った方が業務効率もよく、生産性も向上します。
売上アップに直接影響しない業務に時間を使うよりも、アウトソーシングして時間を有効活用した方が、業績アップにつながります。

給与計算していると、このようなことで困りませんか。
・給与計算ソフトの設定って面倒
・ソフトを使いこなせない
・毎年、お金を支払ってソフトを更新しないといけない
・従業員が入社する度に設定しなければならない
・年末調整ってどうするの

 

給与振込はもっと大変

従業員が多くなると、給与を振込む作業も大変になります。
弊社では、ご要望に応じて給与の振り込みを代行しています。

 

給与計算のルールは就業規則(賃金規定)で決まります

給与の計算は、法律に基づいて行う必要があります。
例えば、法定労働時間を超える労働には超過勤務手当(残業代)を支払わなければなりません。
法律に基づかないで支給していると、労基署から是正勧告を受けることになります。

最低限、法律を守るとしても、法律にはそこまで細かいことが決められていません。
法律の範囲内で、給与の支給、計算方法などを決め、これを書面化したものが賃金規定になります。

そのため、賃金規定(就業規則)は、その会社のルールに合わせて作っていなければなりません。

弊社は、就業規則・賃金規定の専門家である社会保険労務士事務所のため、各種規程の作成や労基署への届出、あるいは事業所に応じた勤務制度の導入などにも対応しています。

 

弊社の特徴

・毎月の勤怠、入退社、手当項目、昇給などの情報が弊社に集まるため、助成金のご提案が出来ます。
(助成金の申請は社会保険労務士の国家資格を有する者でなければ代行できません)

助成金無料診断

・社労士専門のクラウドシステムを導入しています。

・労働社会保険などの手続きもアウトソーシング可能です。

・労基署や年金事務所の調査や是正勧告などの対応もお任せいただけます。

・何よりコンプライアンスを重視した労務管理が可能です。

・社会保険労務士・行政書士の専門家事務所のため、給与計算以外のことも相談できます。

 

アウトソーシングのご相談

今は従業員が少ないから多くなってからでもいいかと考えている方もおられるかと思いますが、将来的にアウトソーシングすることを想定していたり、目標にしているなら、一早くその業務をアウトソーシングし、本来業務に専念することが、最も効率的に業績をアップさせる方法です。

ぜひ、弊社の給与計算代行をご利用ください。私たち専門家が御社のお手伝いをし、利益をもたらすことに貢献します。

御社にとってメリットがあるかは、一度面談させていただいた上でご判断いただければと存じます。

アウトソーシングをご検討の際は、どうぞその候補に弊社を加えていただけますと幸甚です。



PAGETOP