キャリアアップ助成金に生産性の向上要件が加わりました

平成29年4月より、キャリアアップ助成金が一部変更になりました。
全体的に、少し減額されています。ただ、生産性要件が加わり、これを満たせばかなりの増額になります。

社会保険労務士法人オフィス結いでは、顧問契約により助成金の活用をサポートしております。

 

1.3コースから8コースに変わりました。

コースに変更がありましたが、実質的には、次のコースが新設された形です。

・諸手当制度共通化コース
正規雇用労働者と共通の手当てを設けて、これを適用した場合に助成されます。

・選択的適用拡大導入時処遇改善コース
社会保険の適用を拡大し、更に基本給を増額した場合に助成されます。

 

2.多様な正社員へ転換した場合の助成額が増額されました。

※多様な正社員も正規正社員に含まれることになったため、多様な正社員への助成金が増額になりました。

【平成29年度】
有期→正規(多様な正社員含む):1人当たり57万円<72万円>(42万7,500円<54万円>)
無期→正規(多様な正社員含む):1人当たり28万5,000円<36万円>(21万3,750円<27万円>)

【旧】
有期→多様な正社員:1人当たり40万円(30万円)
無期→多様な正社員:1人当たり10万円(75,000円)

※<>は生産性要件を満たした場合
※()は大企業

 

3.全てのコースに生産性要件が設定されます。

 

生産性を向上させたら助成金が割増

新たに、生産性向上要件が加わりました。

1.助成金申請の直近の決算と3年前の決算を比べて、6%生産性が伸びていること。

2.生産性とは、次の式で計算します。

(営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課) ÷ 雇用保険被保険者数

直近年度とその3年前の年度で数字を出して、これを比較します。

※雇用保険被保険者数は、会計年度の末日又は3月末日の人数です。

なお、この要件を満たさない場合でも、「一定の要件」を満たせば要件を満たすことになるようです。
※現時点で、この要件は発表されておりません。



PAGETOP